起業時に有利な資格

一般に、もっていると起業に有利とされる資格がいくつかあります。
行政書士・社会保険労務士(社労士)・宅地建物取引士(宅建)などなど…

その中の一つ、ファイナンシャルプランナー(FP)について紹介します。

ファイナンシャルプランナーとは……
顧客である個人から収支・負債・家族構成・資産状況などのソース提供を受け、
それを基に住居・教育・老後など将来のライフプランニングに即した資金計画やアドバイスを行う職業のこと。
個人に対して財政的なアドバイスを行う、お金のプロですね。

ファイナンシャルプランナーになるための試験は、次の6つの分野から出題されます。

1.ライフプランニングと資金計画 (社会保険と年金、住宅資金とローン)

2.リスク管理 (生命保険や損害保険など保険商品全般 リスクマネジメント)

3.金融資産運用 (預貯金 投資信託 債権など お金や資産の運用方法全般)

4.タックスプランニング(所得税、法人税、消費税など税金全般)

5.不動産(不動産の査定、取引、不動産関係の法令など)

6.相続・事業継承(贈与と法律・税金、相続と法律・税金など)

こうしてみるとなんだかとても難しいようですが、保険や税金など誰もが普段関わりのある項目もたくさん含まれています。
資格の勉強をすることで起業のためだけでなく、自分の生活や将来設計にも役立てることが出来そうですね。

最後に、ファイナンシャルプランナーの資格は国家資格と民間資格の2種類があります。
もちろんどちらにもメリットはありますが、最初に目指すなら国家資格で生涯有効なFP技能士をオススメします。
2級を取得できればビジネスでも実生活でも役に立つことでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする