釣りをしたことのない女性社員が釣りエサを開発!? 釣りエサ【アミ姫】

こんにちは。起業ファクトリーです。

釣りが大好きな僕が驚いたニュースがあったので紹介したいと思います。

釣りエサや釣り具の製造販売を手掛ける「マルキュー」が開発した「アミ姫」という

サビキ釣りの時に使う釣りエサのコマセが大ヒットしてるそうです。

フルーティな香りで、手を汚さずに使えるチューブタイプなので

初心者の女性や子供にも扱いやすいと評判だそうです。

サビキ釣りとは複数の擬餌針が付いた仕掛けの下に小さなカゴを付けて、

カゴの中にコマセを入れて、仕掛けを海に落とし、

竿を上下に揺すって少しづつコマセを出しながら寄って来た魚を釣ります。

サビキ釣りをした事がある人はわかると思いますが

釣り方も仕掛けも簡単なので初心者でも、

お手軽にアジやイワシなどの美味しい魚を釣ることが出来ます。

初めての海釣りがサビキ釣りっていう方はかなり多いんじゃないでしょうか?

僕も初心者と一緒に釣りに行くときは

仕掛けも釣り方も簡単なサビキ釣りが多いです。

ただその時にネックになるのがコマセなんです。

強烈な臭いなので初心者の人は嫌がる人が多いですね。

昔から釣りをやっているとコマセの臭いは強烈なのが当たり前で

その臭いがあるからこそ魚が寄ってきて、釣れると思っているので

コマセの臭いがフルーティーだったらいいなぁとか

思う釣り人は僕も含めてまずいないでしょう。

そのコマセの臭いに着目したのがマルキューの女性社員でした。

「社内の男性はたいてい釣りが好きだが、女性はやらない人が多い。

男性社員に付き添ってもらい、みんなでサビキ釣りに行ったら、

コマセが臭くて使いにくかった。

釣り人の拡大には、女性や子供でも気軽に釣りを楽しめるコマセが必要だ」

と思い、女性社員12人でプロジェクトチームを立ち上げ

ネーミングやパッケージにもこだわり、約1年かけて

フルーティな香りで手を汚さずに使えるチューブタイプのコマセ「アミ姫」を開発。

今年4月に発売すると、ネットや口コミで話題となり、注文が殺到し、

売り上げは目標の3倍を超え、生産が追い付かない状況という。

マルキューという会社は創業が明治43年で

400種類以上の釣りエサを製造していて加工エサの国内出荷金額は8割超と、

圧倒的なシェアを誇り、釣り人で知らない人はいないといってもいいくらい、

釣りエサ業界では知られた会社です。

そんな会社で、初めて釣りをした女性社員が釣りエサの臭いに疑問を持ち、

今までの釣りエサの常識を覆す、フルーティな臭いの釣りエサを開発して、

パッケージやネーミングにこだわった結果、たくさんの人に受け入れられて

生産が追いつかないくらいの釣りエサになったというのは

革命的な出来事だと思います。

マルキューの岡田信義社長も

「女性の力を結集し、素晴らしい製品を作ってくれた。社長賞に値する」と

絶賛しておられます。

起業する時、その道に詳しい人が起業をするかと思うのですが、

素人さんや別業種さんにも相談して、意見なども聞いてみると

その業界では当たり前すぎて誰も疑問にも思ってなかったことや

見落としていたことを指摘してくれて、

そこから新たな製品や起業のアイデアが生まれるかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする