代行業はもはや何でもアリ?!

何のひねりもないタイトル通り「代行業」はもはや何でもアリです。

そもそも古くは、サザエさんに出てくる三河屋さんのよーに

訪問してお酒の注文などを聞いて届けるようなところから広がっていったようです(諸説あり)

そののち、世の中はどんどん便利になり

便利さの弊害で、逆に人はどんどん面倒くさがりになったのかもしれません。

今では思いつく限り、ありとあらゆる代行業があります。

掃除、運転はもちろん、服の買い物、墓参りに恋人、

一時話題になった卒論代行やペットシッターやなんてのもあります。

一体どこまで怠惰になれば気が済むんでしょう…

けど、携帯の便利さを体感すると、もう「ない」状態には戻れませんよね?!

そういう状態になっているんだと思います。

便利な世の中、

面倒だと思う事 = 代行業の需要といっても過言ではないでしょう。

極論、お金さえあれば自分では なーんにもしなくていいのではないかと思うほど。

さて、前置きが長くなりましたが

販促、広告に携わる我々 起業FACTORYも「広告代理業」

広い意味で言うと、代行と同じような事をしているわけです。

お客様の代わりに求めるものを作成、用意する仕事。

人が面倒だ、困難だと思う事が仕事になっています。

厳密に言うと「代行」と「代理」って、似て非なるものって知ってました?

「代理」とは、代行と違いある程度意思決定権もあるんです。

そんなウンチクは要らないって?!

では半ば無理やりですが、流行りの代行業を行っているワタシ達からも提言。

起業するなら代行業はオススメ!の理由(わけ)

1、自分の今までしてきた仕事内容や経験が活かせる。

2、物ではなくサービスを売るので開業資金が手頃。

3、他人がやっていなければ独占できる。

4、共働きも増え価値観も変わり、需要は高まる気配。

5、お客さんも空いた時間を有効に使えたり、人の為になる仕事なのでやりがいはもある。

いかがでしょうか。何て素敵な仕事なんでしょう(#^^#)

その逆に、わざと面倒な事を体験するビジネスってのもあります。

例えば、田植えやそば打ちなど。

これまた自身の経験や環境を活かせる上、

それをお客さんに体験してもらい、その苦労の末にあるレア体験や達成感を得てもらう。

・・・ (?_?  ハテナ

しんどい思いをしたくないハズなのに、

わざわざお金を払ってまでしんどい思いをする。

便利と不便、対極の事がどちらもウケる、何だか不思議で面白い現象ですね。

さて、余談がすぎましたが

代行業といっても何を生業とすれば良いのか?についての考察です

勿論、ご自身の今までの経験やキャリアが活かせられれば言うことナシです。

ですが、全ての人がそぉ都合よくいかないかも…。

その場合はまず、思いつく限りの面倒だ!困難だ!と思うものをリストアップ

そして、その代行業が既にないかネット等で検索してみましょう!

コレが意外と、既にあるもんです、、、 w(^m^)

ゲームにしたらコンパで盛り上がりそうですね。

……需要と供給のバランスなので、

世の中にまだないサービスだったとしても、それには需要がない場合もあるでしょうし、

既にあるサービスでも、それは需要があるから存在しているわけで、

どちらが良いとも言えませんが、、

どちらにせよ、まずはあるかないか検索して競合他社のリサーチも必要でしょう♪

最後に、個人的に面倒だな~と思うことをいくつか挙げておきます。
(いつの日か、それの代行業も出来ているかも?!)
・傘を差す 

・朝のゴミ出し

・ケータイの充電

・情報の共有

・大してみたくないテレビを流し見する

・通勤電車の座席を確保

・先の見えない努力

・毎日寝ること

・コンビニで「20歳以上です」というパネルへのタッチ要求

さぁ、いつの日かこれらの代行業が現れるんでしょうか?!

単にボクが怠惰なだけかも… (;´д`)トホホ…

テヘ (*ノω・*) よければ皆さんもやって見て下さい。

起業アイデアの発掘訓練にもなりますよ♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする