損して得取れ!ファーストインパクトで起業する

こんにちは。起業ファクトリーです。

フードリヴァンプが首都圏(東京都)を中心に展開する

ラーメンチェーン「野郎ラーメン」

1ヶ月定額の食べ放題サービスを始めましたね。

月額8600円(税抜き)を支払うと

看板メニューの「豚骨野郎」(税込み780円)など

3種類から1日1杯選び、月に何回でも食べられるそうです。

一番安い780円のラーメンでも月に12杯食べれば元が取れるので

中には毎日訪れる利用者もいるそうです。

そりゃそうです。

絶対に支払った分以上の元を取りたいですもん。

毎日は無理としても12回以上は意地でも通いますよね(笑)

12回以上来られたらお店は確実に赤字なるのに

なぜこんな月額サービスを野郎ラーメンは始めたのでしょうか??

週に1回とか2回というお客様を、月に12回以上呼ぼう!

ということで月額サービスを実施したので、その効果は出ています。

赤字覚悟という形なんですけれども、

新規のお客様とかもいらしてもらっているので、

全体的に利益は上がっています

ん?んん?赤字覚悟ので始めたサービスなのにお店の利益が上がってる??

なんと!!

野郎ラーメンの月額サービスはネットやニュースなどで話題となり、

新しい客が増えて全体の売り上げアップにつながっているんです!

ことわざでいえば

『損して(月額サービス)得取れ(新規の顧客)って感じですかね~。

なぜ、野郎ラーメンの月額サービスはこんなに話題になったのか?

それはファーストインパクトがすごかったからだと思います。

ラーメン業界では今までどこも

こんな月額サービスをやっていなかったですもんね。

話題性には、やはりファーストインパクトってすごく重要なんですね。

世の中には、色々な業界や職種がありますよね。その中で、

ファーストインパクトを狙って起業するのも一つの手だと思います。

月額サービスでも、他のサービスなど、何でもいいと思いますが

「えー!この業界でこんなことまでする!?」

「うそ?こんなサービスめっちゃ得やん!」

みたいな話題性があれば、ネットやニュースなどで話題となり、

そのサービスでは赤字になるかもしれませんが、

新しい客が増えて全体の売り上げアップにつながっていくかも知れません。

あっと驚くファーストインパクトで起業してみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする